多少寝なくても美肌にはなれます。質を意識した睡眠をとりましょう。

 

こんにちは、メイク男子のホシです

 

テーマ

「多少寝なくても美肌になれる」

 

 

 

 

長い睡眠をとるメリット

寝ているとき、肌は修復活動をします。長く眠ればその分修復時間は長くなります。睡眠をたくさんとった次の日の朝は、そうでない日と比べて「俺様の今日の肌はキレイやな」と感じることがあると思います。

特に眠り始めの3時間は最も成長ホルモンが分泌され、コラーゲンの生成が活発になります。

化粧品・暴飲・暴食・紫外線などによって傷つけられた皮膚が成長ホルモンのおかげで修復されます。

しかーし、科学的には、皮膚が再生するには6時間以上かかるので短い睡眠じゃダメなんですね。

 

 

理想の時間帯

一応、夜10時~深夜2時の間に寝ているのがいいとされ、この時間帯を肌のゴールデンタイムといいます。(成長ホルモンが一番分泌される時間帯だから)この理想の時間帯に寝ていられるのは赤ちゃんくらいではないでしょうか。

 

 

とはいえ無理ですよね

f:id:NOHANTPINK:20190927090854j:image

毎日確実にその時間帯に寝るのは正直無理ゲーです。学校の課題やら残ってる仕事など、やること盛り沢山です。

実際に僕なんかも長い休暇のときには夜更かししまくってますし、いちいちコラーゲンがどうとか皮膚が再生するとか意識しながら寝ていません。

とはいえ、全く寝ないのも問題です。

じゃあ現代の私たちはどうすればいいか。

効率の良い良質な睡眠をとるしかありません。

 

 

良質な睡眠をとるには

 

f:id:NOHANTPINK:20190926165633p:plain

以下のことさえちゃんと守れば多少睡眠時間削っても肌的には問題ないです。ですがスキンケアは忘れないように。

  • 寝る前3時間は何も食べない

→夜食べるくらいなら次の日の朝にたくさん食べましょう。寝る前に食べると翌朝の顔のむくみにつながりますし、ガチで肌荒れします。

  • 寝酒をしない

→アルコールは脳を活性化させてしまいます。寝る前に食べるのと同じで顔がむくみます。

  • カフェインを控える

→眠気が覚めます。モンスター飲んだらマジでその夜は終わりです。

→眠りを促すメラトニンの分泌を妨げるため

 

 

結論:正直そんなに寝なくても肌荒れしません。

f:id:NOHANTPINK:20190927091743j:image

僕自身、睡眠時間は本当に日によってバラバラです。4時間しか寝ない時もあれば8時間寝る時もあります。まあ平均して5〜6時間くらいだと思います。

5〜6時間は正直少ない方ですが、それでも肌にはそんなに影響してないです。

それに肌荒れって何が原因なのか自分では一概にわからないじゃないですか。スキンケアかもしれないし、食生活かもしれないし、はたまた睡眠不足かもしれないし。

よくわからないのが実態なので、その分さっき挙げた寝る前に守ることとスキンケアは徹底しています。

とはいえ、全部を守るのは割と厳しいですよね。

 

個人的には、寝る前は食べない&お酒を飲まない、この2つが重要かなと思います。暴飲・暴食は一番肌に悪いといっても過言ではありません。

美肌になりたい&太りたくないなら真っ先にこの2つを実行しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です