メンズでもクレンジングって必要なの?【美容男子が徹底解説】

こんにちは、『美容男子生産所』のYukiyaです!

https://hoshiyky.work/wp-content/uploads/2019/11/180456A8-9494-4245-9496-3FB11092C61E.png
  • メンズでもクレンジングって必要なの?
  • 毎日やらなきゃいけない?
  • 必要ならクレンジングの選び方とやり方も知りたい。

この記事は上記のような悩みを解決します。

「ここ最近、肌が脂っぽい…」「昔から毛穴汚れが気になる…」そんなあなたは必見ですよ!


本記事でわかること

  • メンズでもクレンジングが本当に必要かどうかがわかる
  • メンズのクレンジング方法と選び方、行う頻度がわかる


https://hoshiyky.work/wp-content/uploads/2019/12/6FD78539-5C74-4338-A4D5-1F7E68BE6ABC.jpeg
Yukiya

徹底解説していくよ!


メンズでもクレンジングって必要なの?【美容男子が徹底解説】

メンズでもクレンジングって必要なの?【美容男子が徹底解説】

結論から言うと、メンズでもクレンジングは必要です。


理由は3つほどありまして下記のとおりです。

  • メイクを落とすため
  • 日焼け止めを落とすため
  • 皮脂や毛穴汚れを落とすため

それぞれ順に説明していきます。


メイクを落とす

そもそもクレンジングの目的はメイクを落とすことでして。

メイクアップ料ってほぼ油性成分でできているので、水とかお湯じゃ落ちないんです。(水と油は分離しますよね)


なので、メンズでメイクをしている人は女性と同様にクレンジングが必要なんですね。

https://hoshiyky.work/wp-content/uploads/2019/12/6FD78539-5C74-4338-A4D5-1F7E68BE6ABC.jpeg
Yukiya

僕もメイクをするので、クレンジングは毎日やってるよ!


日焼け止めを落とす

最近では、洗顔フォームだけで落ちる日焼け止めが増えてきています。

ですが、ウォータープルーフタイプのような汗や水に強い日焼け止めはクレンジングが必要です。


日焼け止めで紫外線を防げても、最後にしっかり洗い落とせなければ汚れがたまり、肌荒れの原因になります。

https://hoshiyky.work/wp-content/uploads/2019/12/6FD78539-5C74-4338-A4D5-1F7E68BE6ABC.jpeg
Yukiya

せっかく日焼け止めを塗っていても、洗い落とせずに肌荒れしたら元も子もないです。


皮脂汚れや毛穴汚れを落とす

男性肌は女性肌に比べ、水分蒸散量が2倍以上高く(保水力が低い)、驚くべきことに皮脂量は約3倍と圧倒的に多いことがわかりました。

ポーラ化成工業

驚くことに、男性と女性では皮脂の量がまったく違うんです。

実はクレンジングは優れものでして、メイクを落とすだけでなく、皮脂や毛穴汚れも落としてくれます。


つまり、男性であれば、メイクをしてなくても日焼け止めを塗ってなくてもクレンジングで肌を清潔に保つ必要があります。


https://hoshiyky.work/wp-content/uploads/2019/11/180456A8-9494-4245-9496-3FB11092C61E.png

うーん…必要なのはわかったけど、3パターンとも同じものを使えばいいの?

実は、あなたの肌状態によって使用するクレンジングの種類が異なるんです。

https://hoshiyky.work/wp-content/uploads/2019/12/6FD78539-5C74-4338-A4D5-1F7E68BE6ABC.jpeg
Yukiya

メンズでもクレンジングが必要だとわかりましたね!

次はクレンジングの選び方です!


メンズのクレンジングの選び方

メンズのクレンジングの選び方

クレンジングは大まかにグループ分けすると5種類あります。

上から肌への刺激が強い順に、

  • シートタイプ
  • オイルタイプ
  • ジェルタイプ
  • クリームタイプ
  • ミルクタイプ

シート>オイル>ジェル>クリーム>ミルク

図式化するとこんな感じです。


「なんだよ…こんなにあるなら選べないじゃん…」って感じですが、先ほども言ったように、あなたの肌状態によってオススメがあるのでご安心を。


https://hoshiyky.work/wp-content/uploads/2019/12/6FD78539-5C74-4338-A4D5-1F7E68BE6ABC.jpeg
Yukiya

タイプ別にみていくよ!


シートタイプ

シートタイプのクレンジング
「メイクを落とすのがめんどくさい…」「カンタンに落としたい」そんなめんどくさがり屋のあなたの願いを叶えてくれるツワモノです。

このシートタイプのクレンジングは、メイクをしているメンズ向けです。

たった紙1枚で手軽に落とせるので手間がかかりません。


ですが、最大の欠点がありまして、肌をこすらなきゃいけないので肌ダメージが大きく、肌に小さな傷がつきやすいんですよね。

https://hoshiyky.work/wp-content/uploads/2019/12/6FD78539-5C74-4338-A4D5-1F7E68BE6ABC.jpeg
Yukiya

毎日使うのはオススメしません、睡魔の限界がきたときだけ使いましょう。


オイルタイプ

オイルタイプのクレンジング
このオイルタイプのクレンジングは、わりとしっかりめにメイクをするメンズ向けです。

僕なんかがそうでして、下地やらファンデーションやらアイシャドウも塗るので、刺激の弱いものだと洗い落とせないんですよね。


なので、ふだんメイクや日焼け止めを塗らないメンズにはオイルタイプは必要ないです!


https://hoshiyky.work/wp-content/uploads/2019/12/6FD78539-5C74-4338-A4D5-1F7E68BE6ABC.jpeg
Yukiya

オイルタイプもわりと肌への刺激が強いので、こするのはNG!


ジェルタイプ

ジェルタイプのクレンジング
軽めのメイクですませたあなたにぴったりのクレンジングです。

このジェルタイプのクレンジングは、軽めのメイク(下地のみなど)や日焼け止めを塗っているメンズ向けです。

ヘアセットでジェルワックスを使う人がいるかもですが、その肌バージョンだと思ってもらえればオッケーです。


クリームタイプ

クリームタイプのクレンジング
油分と水分のバランスがベストで、肌に優しいのが特徴的なクレンジングです。美容専門家が1番オススメするタイプ!

このクリームタイプのクレンジングは、控えめに言って優秀すぎるのでぶっちゃけ誰でも使えます

理由は5つ。下記のとおり。

  • クレンジングに適した油性成分が選ばれている
  • 水性の保湿成分がバランスよく入っている
  • メイク落とし効果に優れている
  • 洗い流したときに適度な保湿感がキープできる
  • なんといっても手ざわりが優しい

上記のほかのタイプのクレンジングよりも刺激が少なく、保湿成分がバランスよく配合されているので乾燥肌の人でも使えます。


ミルクタイプ

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は hoshi3-281x1024.jpg です
クレンジングの中でいちばん肌の負担が低く、皮脂汚れ&毛穴汚れを落とすだけならこれ1本!

このミルクタイプのクレンジングは、軽めのメイクや通常の皮脂・毛穴汚れを落とすケア向けです。

ミルクという名のとおり、肌にやさしいのが特徴でして、メイクも日焼け止めもしないメンズでも気軽に使えます。


https://hoshiyky.work/wp-content/uploads/2019/12/6FD78539-5C74-4338-A4D5-1F7E68BE6ABC.jpeg
Yukiya

ミルクタイプは水分が多いので、洗浄力は弱めです。

がっつりメイクをするメンズは油分が多く含まれた、オイルタイプやクリームタイプを使うべし!


メンズのクレンジングの選び方
  • しっかりメイク→オイルタイプ、クリームタイプ
  • ふつうメイク→オイルタイプ、クリームタイプ
  • 軽いメイク→ジェルタイプ、ミルクタイプ
  • 日焼け止めのみ→クリームタイプ、ミルクタイプ
  • 通常のケア→ミルクタイプ


クレンジングは、上記のように自分の肌状態にあったものを使い分けることが重要なんです


とはいえ、使い分けるのってわりと面倒だったりしますね。

そんなあなたには万能なクリームタイプのクレンジングをオススメします。

クリームタイプのクレンジングはこちらから

>>>Amazonでチェックする


https://hoshiyky.work/wp-content/uploads/2019/11/180456A8-9494-4245-9496-3FB11092C61E.png

言われたとおり、Amazonでさっそくクレンジングを買ったけど、これどうやって使えばいいの?


メンズのクレンジングのやり方

メンズのクレンジングのやり方

選び方ときたら次はやり方ですね。下記のとおりです。

  1. 乾いた手に適量のクレンジング剤をとる
  2. 顔にやさしくなじませる
  3. ぬるま湯で洗い流す

たったこれだけでして、わりとカンタンかと思います。

ですが、重要なのはここからでして絶対にやってはいけないことがあります。



メンズのクレンジングの注意点

クレンジングでのやりがちNG行為は3つほどあります。

  • ゴシゴシこする
  • クレンジング料をケチる
  • 時間をかけすぎる
https://hoshiyky.work/wp-content/uploads/2019/12/6FD78539-5C74-4338-A4D5-1F7E68BE6ABC.jpeg
Yukiya

それぞれ詳しくみていくよ!


ゴシゴシこする

肌をゴシゴシこすった瞬間、あなたの肌は終わると思ってください…

なぜなら、肌の表面に傷がつき肌荒れの原因になるからでして。


むかし何人かの友達が家に遊びに来たんですが、全員「これでもか!」ってくらい肌をゴシゴシこすってたんですよね…

たしかにこすった方が汚れは落ちそうな感じもしますが、肌を痛めつけるだけなのでやめましょう。


クレンジング料をケチる

これまた肌荒れの原因につながります。

肌になじませるときに量が少ないと、摩擦が起きやすくなるんですよね。(滑らないから)

ポイントは、肌の上でスルスルと抵抗なく滑るくらいたっぷり使うことでして。

https://hoshiyky.work/wp-content/uploads/2019/12/6FD78539-5C74-4338-A4D5-1F7E68BE6ABC.jpeg
Yukiya

肌を守るためにもクレンジング料はケチらずに使いましょう!


時間をかけすぎる

他のタイプより、肌への負担が低いクレンジングミルクですら、時間をかけまくれば肌への刺激になります。

最悪なことに、せっかくの肌のうるおいまで奪ってしまうんです。


クレンジング時間はだいたい1分間くらいが目安でして、慣れない間はタイマー設定をしながらやるのがオススメです。


クレンジングの頻度

肌に何もしてなくても毎日やるのがオススメです。

理由は、男性のほうが女性と比べて3倍も皮脂量が多いからでして。

なかには、脂が気になりすぎて何回もやる人がいるかもですが、洗いすぎは乾燥を招き、肌トラブルにつながるので、夜1回のみがベストです。


まとめ:メンズでもクレンジングをしよう

まとめ:メンズでもクレンジングをしよう

ぶっちゃけ、メンズでクレンジングをしている人なんてほぼいないと思います。

ですが、そこが他のメンズと差をつけられるチャンスでして。


汚れをちゃんとキレイに落とせるかが、美肌への近道でもあり、モテの近道でもあるんですよね。


クレンジングはもう女性だけのものではありません。

ぜひ生活の一部に取り入れてみてください。


お役に立てたら幸いです。