日焼け止めには有害物質が?!一応知っておいた方がいい日焼け止めの危険性

 

 

こんにちは、メイク男子のホシです

 

テーマ 

「日焼け止めには有害物質が?!」

 

 

 

先日、とある美容の本を読んでいたところ、著者の方が

「日焼け止めを塗ることはオススメしません」と言っていました。

その理由として、どうやら日焼け止めの成分自体に有害物質が入っているとか。

正直なところ、僕は今まで全く気にせずに塗っていました。これを知ってからといって何かが変わったとかはありませんが、成分表はよく見るようになりました。

 

 

日焼け止めの原料と有害物質

 

f:id:NOHANTPINK:20190923032055p:image

 

日焼け止めの原料には2種類あり、

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤に分類されます。

 

  • 紫外線吸収剤

→紫外線を吸収し、それを別のエネルギーに変えることで肌への吸収を防ぐもの。皮膚毒性があります。

「オキシベンゾン」

「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」

などがそれにあたります。

 

  • 紫外線散乱剤

→ノンケミカルと言われる日焼け止めです。

「酸化チタン」や「酸化亜鉛」を配合し、肌の表面で紫外線を散乱させてブロックするものです。

 

また、これら2つにはそれぞれ合成界面活性剤が入っています。化粧品によく入ってるアレです。

 

とりあえずなんかごちゃごちゃ書きましたが、先ほどの化学物質と合成界面活性剤の両方によって皮膚の構造が破壊されるらしいです。

 

最初にも言いましたが、つまり

日焼け止めには有害物質が入ってるってことです。

 

僕はそれでも日焼け止め塗ります

f:id:NOHANTPINK:20190923032045p:image

個人的に僕は日焼け止め塗らないとかは絶対に無理ですね。

もし、仮に日焼け止めを塗らないで紫外線対策するとしたら、

 

・日傘

・帽子

・サングラス

UVカットのマスク

UVカットのアームカバー 

 

これらをフル装備ですね。

(ちなみにその本の著者はやってるそうです、筆者はアパレル業界を潰すつもりでしょうか)

 

とはいえ、マジで1ミリも日焼けしたくないならやるしかないです。

ですが、そんな格好してたらファッションを楽しめませんし、知覚過敏なみに紫外線に敏感になるでしょう。

さすがに全身日焼け対策ファッションが流行る日なんて一生来ないと思いますのでご安心を。

 

 

しっかり落とせば大丈夫

f:id:NOHANTPINK:20190923032312p:image

先ほど日焼け止めには有害物質が入ってると言いました。

まぁ、もちろん有害物質なので塗らないことに越したことはないですが、当然そんなわけにはいきません。

全身黒ずくめとかマジで勘弁です。笑

なので塗ったらちゃんとボディーソープで洗い落としましょう。顔に塗った場合はクレンジングをやりましょう。

ただしここでも「こする」のはNGです🙅‍♂️🙅‍♀️

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です