【肌の乾燥対策】もう乾燥には悩まない!乾燥を防ぐ正しい保湿の方法

こんにちは、Yukiyaです!

https://hoshiyky.work/wp-content/uploads/2019/11/180456A8-9494-4245-9496-3FB11092C61E.png
波田カサ男くん
  • この時期(11月~2月)、肌の乾燥が気になるんだよね…
  • 肌がカサカサになるんだけどどうしたらいい?
  • このカサカサを防げる、オススメの商品なんかあったら教えてほしい…

この記事は、波田カサ男くんが持つような悩みを解決する記事となっています。


冬…。クリスマスに、お正月、お年玉、はたまた恋人とイルミネーション。

楽しいイベントが目白押しですが、楽しいことだけではありません。

肌の最大のライバル、「乾燥」があなたのもとにやってきます。


恋人とイルミネーションデート中、気になる人とお食事中、乾燥してカサカサになっている肌を見られたくないですよね。


僕自身も毎年、冬の時期は乾燥に頭を悩まされていました。

恋人とデート中も肌をずっと気にしてばっかり。


ですが、最近あることをしたら乾燥を撃退することに成功しました。


では、その続きは本編で!


本記事の内容

  • 乾燥に悩まないで済む、正しい保湿方法
  • 乾燥を防ぐためのオススメ商品


【肌の乾燥対策】乾燥には悩まない!乾燥を防ぐ正しい保湿方法

ポイントは2つだけです。

  1. 洗顔をやりすぎない
  2. セラミドを補う

以下、深掘りしていきます。


1.洗顔をやりすぎない

乾燥で真っ先に疑ってほしいのが「洗顔」です。

人の肌って、自動的に天然の保湿成分がでて、適度に保湿された状態を維持するようにできているんですよね。

「スキンケアで保湿バッチリなのに、乾燥してしまう…」人は、ふだんから使っている洗顔料の洗浄力が強すぎて、必要な保湿成分を洗いすぎてしまっているケースが多いんです。


ゴシゴシ洗うのは絶対にNG

これだけは絶対にやらないでください。

なぜなら、肌の構造が傷つくから。

肌の構造が傷つくと、肌の乾燥を招くだけでなく、細菌感染やアレルギーのリスクも高まってしまうんです…


こちらの記事で、肌をこすることの危険性については詳しく書いているのでぜひ読んでみてください。

肌をこすった瞬間からあなたの肌は終わります. 肌をこすった瞬間からあなたの肌は終わります.
https://hoshiyky.work/wp-content/uploads/2019/11/0B88BF8C-88B7-4F3E-BCE1-54E112129CDF.jpeg
Yukiya

ゴシゴシ洗っても肌を傷つけるだけ。

洗顔料のあわが勝手に汚れを吸着してくれるんだよ。


できるだけ洗浄力のやさしい洗顔料を使う

肌が乾燥しないためには、洗浄力のやさしいものを使うのがベストです。

原因は“洗顔のしすぎ”ですから。


じゃあなにを使えばいいの?って話ですが、とりわけ避けたほうがイイものがありまして、それはプチプラの洗顔料です。


下記のツイートをみてほしいんですが、

「美容を教える化学の先生」で著名のかずのすけさんも『低価格の洗顔は洗浄力がとても高く設定されている場合が多い』と指摘しています。


  • 洗浄力の弱いもので
  • 安い洗顔は選ばない

これがポイントです。


「どんな成分が強くて弱いのか」成分まで知りたい方は、かずのすけさんが書いた『美肌成分辞典』がかなりオススメです。

僕も持っていますが、新しく化粧品を買うときには必ずこの本で成分をチェックしています。

https://hoshiyky.work/wp-content/uploads/2019/11/0B88BF8C-88B7-4F3E-BCE1-54E112129CDF.jpeg
Yukiya

これからの化粧品えらびに持っておいて損はない1冊です!


2.セラミドを補う

洗顔を見直したあとにするべきことは、セラミドを補うです。

「セラミド?!初見すぎて草生える」って方もいると思うので、カンタンに説明しますね。


セラミドとは

セラミドは陸上界でいうウサイン・ボルトてきな存在でして、保湿のスペシャリストといわれているんです。

これだと抽象的すぎるのでもう少し踏み込むと、皮膚には細胞間脂質とよばれる脂があるんですが、セラミドは細胞間脂質の40%も占めており、水分が蒸発して乾燥するのを防いでくれています

もともと肌に存在している物質なんですね。

https://hoshiyky.work/wp-content/uploads/2019/11/180456A8-9494-4245-9496-3FB11092C61E.png
波田カサ男くん

40%も?!ぼくの乾燥もセラミドで改善できるかな。


セラミドが不足すると悲惨です

  • 乾燥する
  • 肌荒れを起こす
  • 肌のうるおいがなくなる

上記のような事態が起こるんですが、実は、すべて洗いすぎが原因なんですよね。


さきほど、「洗いすぎることで、必要な保湿成分を流してしまっている」と書きましたが、その必要な保湿成分にはセラミドも含まれているわけで。

つまり、顔を洗いすぎた結果、セラミドが不足し、乾燥するんですね。

https://hoshiyky.work/wp-content/uploads/2019/11/180456A8-9494-4245-9496-3FB11092C61E.png
波田カサ男くん

洗いすぎとセラミド不足には因果関係があるんだ…

どっちかだけ徹底してもダメなんだね!


化粧水では保湿できない
僕もわりと最近までカンチガイしてたんですが、化粧水ってただの水なので、保湿効果はないんですよね。

ここだけは誤解しないように…


ここまでのおさらい
  1. 洗いすぎない
  2. セラミドを肌に与えてあげる


乾燥を防ぐためのオススメ商品をご紹介します

https://hoshiyky.work/wp-content/uploads/2019/11/180456A8-9494-4245-9496-3FB11092C61E.png
波田カサ男くん

大事なことはわかったけど、何を使ったらいいかわからないよ…

ぜひ教えてほしい。


1.洗顔なら「ファンケル洗顔パウダー」

あの無添加化粧品で有名なファンケルの洗顔です。

僕も実際に愛用しています。

「まあ、オススメするからにはきっとイイ商品なんだろう」って見当がつきそうですが、まずはデメリットからみていきましょう。


デメリット

  • 1本あたり1,320円と洗顔にしては値段が高い
  • 50gしか入っていない

僕が買う前に感じたデメリットは上記のとおりなんですが、50gしか入ってないのに1本1,320円はちょっと高いですね。


メリット

  • 肌への刺激が弱い成分(ラウロイルグルタミン酸Na)で、洗浄力がやさしい
  • なので、使ったあとに乾燥を感じない

『プチプラの洗顔は洗浄力がとても高く設定されている場合が多い』

セラミドなどの保湿成分が洗い流される

と言いましたが、「ファンケル洗顔パウダー」の場合、洗浄力の強い成分が含まれていないので、これらの問題はクリアできます。


それでも安く済ませたい気持ちはわかりますが…

あなたも、「できれば安く済ませたい…」と思っていると思います。

それは僕もすごく共感できますし、誰もが思うでしょう。


ですが、安価で洗浄力の強すぎるものを使い続けたら、これから先ずっと乾燥に悩まされる可能性があります


1年前の冬は乾燥で悩みまくりでしたが、今ではファンケルのおかげで肌はおだやかです。

今なら野口英世1枚で試せるみたいなので、ぜひ1度は使ってみてほしい商品です。

【ファンケル】通販限定!洗顔パウダー+クレンジング980円(税込)

https://hoshiyky.work/wp-content/uploads/2019/11/0B88BF8C-88B7-4F3E-BCE1-54E112129CDF.jpeg
Yukiya

2回目も強制的に買わされるような定期購入じゃないから安心だよ!

僕もこのトライアルキットでファンケル生活はじめました。


2.セラミドなら「チューンメーカーズ セラミド200」

このようにいつでも使えるように常備しているんですが、マジでオススメです。


「チューンメーカーズ セラミド200」については下記の記事でレビューしているので、ぜひご覧ください!

チューンメーカーズのセラミド200を使ってみた【神】

TUNEMAKERS(チューンメーカーズ) セラミド200 美容液 20ml


まとめ:肌の乾燥対策は「洗顔の見直し」と「セラミド補給」

  • 過度な洗顔は禁止
  • 乾燥を感じたら、セラミドをぬってあげる
  • 洗顔なら「ファンケル洗顔パウダー」がオススメ
  • セラミドなら「チューンメーカーズ セラミド200」がオススメ

見た目ってわりと大事だなと思ってまして、それと同時に、見た目に気を遣うっていうのは最低限のマナーなのかなとも思ったりします。

肌がガサガサな人を見て、好印象を持つことってまずないと思います。


肌がキレイなだけで清潔感はアップできますし、男女問わず、肌がキレイな人って魅力的に見えるんですよね。


冬のあなたの敵は、クリスマスでもリア充でもなんでもなく、乾燥です。


ぜひ、自分の肌のためにも、恋愛、人間関係でイイ印象を持たれるためにも、肌の乾燥対策2つを徹底的にやりましょう。



最後までお読みいただきありがとうございました。