スキンケアは楽しむものです。趣味化しましょう。

こんにちは、ユキヤです

美肌を目指して美容について勉強中です。

スキンケアをやれば美肌になれるかなと思ってたんですが、どうやら単純にはいかないみたいです。

https://hoshiyky.work/wp-content/uploads/2019/10/50BF107D-0A3C-424C-B13B-A292DA4E77E7.jpeg
ユキヤ

スキンケアに過度な期待は禁物?!


スキンケアは趣味程度で考える

                                <a href="https://www.photo-ac.com/profile/952013">yumeyume</a>さんによる<a href="https://www.photo-ac.com/">写真AC</a>からの写真

結論から言うと、スキンケアは楽しむもので、趣味程度に考えておくのがベストです。


スキンケアを完全に趣味化

僕は最近、スキンケアに対してそこまで重きを置かなくなりました。

なぜなら、肌のしくみを知ったり、日々スキンケアをするうちに、スキンケアだけでは美肌になれないと思ったからです。

趣味程度なので、効果とかは気にせず楽しくやってる感じです。笑


スキンケアは楽しむもの

あなたはスキンケアをしていて楽しいですか?

僕は楽しいを超えて趣味になっちゃってますが、本来のスキンケアって楽しむものだと思ってます。

スキンケアしても全然肌がキレイにならないからイライラするのではなく、割り切って楽しむものだと思うのがベストです。


スキンケアは気休め程度

僕は完全に気休め程度にしか思ってないです。

スキンケアしている時間が好きというか、特に効果は期待してないのでお気楽です。

なので僕はリラックス感覚で、ふつうに楽しむ感じでスキンケアをしています。

映画好きな人が、趣味は映画鑑賞って言うのと一緒かもです。


プラシーボ効果的な感覚を持つといい

プラシーボ効果とは、

プラシーボ効果(プラセボ効果)とは、本来は薬としての効果を持たない物質によって、得られる効果のことです。

中略

「この薬はよく効く」と思って服用すれば良い効果が得られるでしょう。

全日本民医連 https://www.min-iren.gr.jp/?p=28961

要するに患者に偽薬を投与して、患者の思い込みで治癒させるということです。

これをスキンケアに落とし込むと、

思い込む(自己暗示)

効能効果は気にせず、自分の好きな匂いや手触りの化粧品を使い、これを使えば肌がキレイになると思い込む。

自分の肌に自信が持てる

そうなるとだんだん自分に自信が出てきます。僕もそうでした。

美肌につながる

勝手に自分で思い込みまくって自信につなげるんです。

化粧品をプラシーボくらいに考えると気楽かもです。

期待しすぎるからいろんな化粧品に手を出してしまうんです。


肌のしくみを知ればわかります

                                <a href="https://www.photo-ac.com/profile/638920">FineGraphics</a>さんによる<a href="https://www.photo-ac.com/">写真AC</a>からの写真

最初のほうに、僕がスキンケアに重きを置かなくなったのは肌のしくみを知ったからだと言いましたが、

肌のしくみを知れば、スキンケアを重視する必要がないことがわかります。


肌の奥まで浸透するのはありえません

『肌の奥まで浸透させる』というあのフレーズ。ネットの広告やテレビのCMでよく聞きますよね。

あれって絶対にありえないんです。

僕も今まで、化粧品の成分は奥まで浸透してくれると思ってスキンケアをせっせとやっていたので、騙された感じがしましたね。


肌の浸透は角質層まで

肌のターンオーバーの画像

実は、肌の奥まで浸透すると言っているのは、角質層までのことなんです。

化粧品の管理をしている「薬事法」でも化粧品が角質層よりも奥に浸透するという広告は禁止されています。

上の写真を見てもらえば分かるんですが、角質層って表皮の1番上にありますよね。

つまり、どんなにスキンケアを頑張っても、浸透するのは角質層までなんです。


角質層は死んだ細胞

これを聞くと少々ショッキングな感じもしますが、角質層は死んだ細胞からできています。

表皮の1番下にある、基底層が絶えず分裂をくりかえすことで押し上げられたのが角質層なんです。

当然、死んだ細胞なので毛細血管もありませんし、血液によって栄養が補給されることもありません。

しかも、角質層はしばらくすればターンオーバーで垢となって剥がれます。

となると、スキンケアをしまくっても…ってなりますよね。


肌にはバリア機能がある

肌には生まれながらにして備わっているバリア機能というものがあります。

このバリア機能が超重要な役割を果たしています。


肌の最大の役割は『からだを守ること』

この役割を果たしているのが皮膚であり、1番外側にある角質層なんですね。

もし、角質層がバリア機能を持たず、水分や異物を何でも通してしまったら、肌だけでなく、全身が危険な目に遭います。

なので、正常にバリア機能が働いている限り、いくら熱心に化粧品を押し込んだり、すり込んだりしても浸透はしません。


皮脂のバリアも重要

健康な皮膚の表面は、皮脂で覆われ、脂質(セラミド)・天然保湿因子・水分が逃げないように覆われています。

しかし、バリアが壊されると、脂質たちが角質層から逃げ出し、乾燥を引き起こします。

洗顔のしすぎがダメなのは、汚れだけでなく良い皮脂まで流しちゃうからなんですね。


肌のバリア機能を保持する

皮膚には肌を守ってくれる機能や自己再生能力があるのに、それを自ら壊しては元も子もないです。

肌のバリア機能を壊さないスキンケアが必要だということです。

スキンケアのしすぎは肌を傷つけます。シンプルが1番なんです。



まとめ:自分の好きなものを使って心から楽しもう

  • スキンケアは楽しむもの。
  • 趣味化する
  • 化粧品に過度な期待をしない
  • 肌のバリア機能・自己再生能力を信じる
  • スキンケア<食事・睡眠・適度な運動

スキンケアはそんなに考えすぎず楽観的に考えましょう。


僕は美肌は外側からつくられるのではなく、内側からつくられるものだと思っています。

そのためには、栄養バランスの整った食事、良質な睡眠、適度な運動がかかせませんし、それらが肌の機能の働きを強めてくれます。

なので、あくまでもスキンケアはそれを補ってあげるものです。

本業ではなく、副業みたいなイメージです。


せっかく、スキンケアをやるなら変な使命感みたいなものは捨てて、自分の好きなブランドのものや香りのもので心から楽しみましょう。


スキンケアを楽しみつつ、趣味化して、自分自身と見つめなおす時間にできたら、スキンケアについて悩むことも無くなると思います。